iネルコート Tips集

iネルコートをより効果的にお使いいただくための注意事項をまとめました。

強風に対する対応

台風・強風などの時は、iネルコートを取り外すか、片側に寄せて地面に落とし、重りでおさえるなどの対応をして下さい。そのまま放置すると、風で枝とサイド部分が擦れて破損したり、飛される場合があります。

強風にはエアブレーカーを!

強風時の破損・飛び去り対策として、iネルコートの取り外しをお願いしておりますが、より簡単で効果的な方法としてエアブレーカーの設置をお勧めしています。

強風時に風にあおられると、iネルコートの天井部が大きく膨らみ(図1)破損の一因となります。

そこで、図2のようにハウスバンドでiネルコートごと押さえつけると、風がサイドから抜け、天井部の膨らみは小さくなります。

iネルコートのエアブレーカー概念図
iネルコートのエアブレーカー使用例1
iネルコートのエアブレーカー使用例2

※エアブレーカーの設置例 (iネルコートの上からバンドを掛けています。)

サイド部分が破損した場合

キズや破れを放置すると風にあおられて拡大することがあります。5センチ以内の破損であれば、農ビ補修テープで補修したり、糸などで編みこみ補修をすれば継続して使用できますので、早めに対応してください。
なお、大きく破損した場合、付け替え修理(有償)をいたしますので、弊社までお問い合わせください。

天井部分のウェーブについて

スタンダードタイプの天井部分に写真のようなウエーブが見られる場合があります。これは、天井部分の縦糸・横糸の伸びの違いが光線の加減で波打ったように見えるためです。

iネルコート天井部分に見られるウェーブ1
iネルコート天井部分に見られるウェーブ2

この現象は製品劣化につながるものではありませんのでご安心ください。

iネルコートの保管について

iネルコートを使用しない場合は、日光に当らないように段ボールケースに入れるなどして保管してください。

iネルコートは連結できます

iネルコートは全長15mですが農園の樹々の長さにあわせて連結でき、農園管理・果実管理をより簡単に行うことができます。